syorui

「鑑定書」と「鑑別書」は貴金属業界では定義が違います。
鑑定書は、不動産鑑定書と違い価格評価ではありません。グレードを明記したものです。
ダイヤモンド鑑定書や鑑別書を発行している会社は、公共機関や国家資格ではありません。
営利団体(株式会社等)であり、宝石鑑定士と言われている事は民間資格です。
鑑定、鑑別会社は鑑定書、鑑別書を売っているのです。
一部カットに関して機械による検査もありますが、
最終的には鑑定、鑑別を行っている営利団体の方の肉眼で最終判断をしております。
プロフェッショナルな業者間では、営利団体にランクを付けています。
残念なことですが、それだけ日本に輸入されたダイヤモンドは、信用ならないのです。

鑑定書とは?

業界で鑑定書というのはあくまでも、ダイヤモンドのグレーディングレポートのことで、価格を鑑定したものではありません。ダイヤモンドの甲乙を判断する指標にされている4Cを人間が判断したものです。宝石鑑定士は、値踏みが出来ません。営利団体である鑑定識別会社(鑑定書や識別書を発行している会社)も値踏みが出来ません。買取業者を含む多数の取引業者は、国際市場にてダイヤモンド価格の値踏みを経験していないのです。
実際に値踏みを国際市場でしている会社のみが、
本当の価値ある値段を出すことが出来るのです。

鑑別書とは?

鑑別書とは、鉱物(宝石)名を示している証書です。一般には、本物か偽物かを審議するために存在します。宝石には人工的処理が施されているものもあり、それについても難しい表現で記載されております。